시즈오카 현 누 마 즈시에 붓 자 교실로 훌라 강습을 해 드립니다. 문자 쓰기를 싫어하는 사람 대 환영!
훌라 초보자 환영!
Facebook Twitter Gplus RSS
magnify

タンナ島に来て思ったこと

2017년 7 월 18 일


裸族の村ロウィニー族


黒魔術の村ラトゥア族

どちらもタンナ島に住んでいます。

裸族は普通にこんなカッコして暮らしているらしい。

どこの村も訪れるには予約が必要です。

村に到着すると、
運転手さんがクラクションを鳴らし
到着を知らせます。

しきたりとして
勝手に村には入れず
必ず村人が迎えに来てから
入ります。

運転手さんは地元の人だから
クラクションを鳴らしたあと
ズカズカと村に入ります
その後タムタムが鳴り響き
村中に客人到着のメッセージが流れます

村人が迎えてくれて
村内に入ると
いろいろなアクティビティで楽しませてくれて
約1時間過ごすことが出来ます



しかし、タンナ島は
どこに行くにも
悪路!
ピックアップトラック荷台では
死ぬ思いでしがみついていないと
振り落とされそうです(>_<)r />


綺麗どころ担当のあたくしとしては
どこに来てしまったのか?
よくわからなくなります

特に空港!


世界広しといえども
こんなにローカルで
のんびりとした空港は
他にはない気がします



こんな張り紙があるということは
それまで裸足で
飛行機に乗っていた人が
いるという証拠(>_<)r />
あり得ないんですけど…


手書きの搭乗券


何事もなく
普通に並んじゃう
搭乗の列

あり得ない光景に
目が点状態ですわ(笑)

田舎とか
そういう問題ではなく
素朴に暮らして
文明を知っていても
別に全然必要なくて
普通にのどかで
たっぷり、ゆっくり
時間が流れている

そんなタンナ島です
?Gg[???ubN}[N??
 
 Share on Facebook Share on Twitter Share on Reddit Share on LinkedIn
Comments Off  comments