Blog
ブログ

筆文字アートとは

筆文字アートは、筆や筆ペンを使用して自由に文字や絵を描き表現するアートです。習字や書道と異なり、規定に縛られずに自由な表現が可能です。

筆文字アートが初めての方へのアドバイス

初めて挑戦する方々は、自分一人でどう進めれば良いか、どのように筆や筆ペンを使うかに戸惑うことがあります。そのため、基礎的なスキルやテクニックを学ぶことが重要です。基本を学び、コツを掴むことで、その後は自由な表現が可能になります。

筆文字アートで使える画材と表現の幅

デザイン文字や筆と墨を使った表現も可能であり、筆ペンや顔彩などの画材を駆使することができます。どんなものが描けるのか、絵手紙との違いなどを学ぶことで、ますます奥深く楽しむことができます。

筆文字アートで文字や絵を自由に表現する楽しさ

文字を書くことが好きな人は、自由な表現も可能になります。同様に、絵を描くことが好きな人も、文字を絵のようにデザインすることができます。「好き」の気持ちが個性豊かで味わい深い筆文字アートを生み出すポイントです。

筆文字アートはじめの一歩:筆ペンを使ってみよう

はじめにおすすめするのは、ぺんてる筆水性染料の中字黒の筆ペンです。描きやすく、紙になじみやすいため、練習に最適です。練習用にはわら半紙など、少しざらざら感のある紙が良いでしょう。100円ショップで入手可能ならくがき帳やスケッチブックもおすすめです

筆文字アート基本の練習:線と円を書く

初めの練習として、線と円を描くことからスタートしましょう。筆ペンの弾力を活かして細い線や太い線、かすれなどの表現を試みます。ほとんどの文字は線と円から成り立っているため、これを組み合わせることで文字が生まれます。

筆文字アートで感謝の気持ちを込めて書く

手書き文字が減少している現代だからこそ、手書きには温かみがあり、心を伝えることができます。感謝の気持ちを込めて書くことで、相手に喜んでもらえる文字を書くスキルを身につけましょう。

筆文字アートを楽しむための基礎学習

誰かのために文字を書くことで、気持ちを込めた表現が可能です。受け取った相手が温かい気持ちになり、感動する瞬間が筆文字アートの魅力です。最初の基礎を学び、その後は自分のスタイルを見つけながら、楽しんで書いていくことが大切です。

筆文字アート学びの場所と先生の選び方

学ぶ場所や先生によって基本が異なります。多くの先生の作品を見てインスピレーションを得たり、お気に入りの先生から学ぶことで、自分自身のスタイルを見つけることができます。

お知らせ:幸筆沼津筆文字アート教室情報

幸筆沼津では対面教室とオンライン、動画講座を提供しています。対面教室はお友達同士で予約可能で、他の生徒さんとの交流も楽しめます。幸筆沼津では、「かわいい文字で読んでもらう」を基本に、男性も含めた幅広い層に向けて筆文字アートを提案しています。
 

幸筆沼津の筆文字レッスン一覧はこちらをクリック

投稿者プロフィール

幸筆 好美
幸筆 好美旅する筆文字アーティスト
旅行会社の添乗員をしながら、幸筆認定講師として教室を開校。本業で手に入れた世界中の珍味をおすそわけしながら、面白い体験談などを交えつつ筆文字を教えています。静岡県出身の幸筆(さちふで)という筆文字を、日本だけでなく世界に広げるのが目標です。

ブログ一覧

Contact
お問い合わせ

お問い合わせは下記フォームより承っております。
体験レッスンも随時開催中。
お気軽にご参加ください。